複合曲線作図法

複合曲線作図法の特徴と向いている人

複合曲線作図法の特徴と向いている人

包茎手術の中でも、個人にあわせた手術方法となるのが、複合曲線作図法と呼ばれる手術になります。
包茎手術において、肝要となる包皮を切除する部分を、それぞれの状態にあわせて微調整をしていくことによって、亀頭と包皮の部分差を目立たなくすることが目的となっている手術です。
術後の傷跡もそれほど残ることもなく、気になるほどの傷跡が残ることもありません。
この複合曲線作図法を受けることによって、もともと包茎であったことが解らないような、より自然な状態で亀頭を露出することが出来ます。
複合曲線作図法をお勧めしたい方としては、包茎手術を行ったことがはっきりとは解らないようにしたいと言った方になります。
手術を受ける前には、カウンセリングを受けることが出来ますので、不安や悩みなどがあれば、しっかりと相談しておくと良いですね。
複合曲線作図法を行う前には、2段階での麻酔が行われることになり、陰茎をスプレーした後に、冷却ジェルを使った方法などで麻酔針の痛みを和らげてくれるので、痛みをほとんど感じることなく手術を受けることが出来ます。
術後の状態としては、性感帯を切らないような手術となりますので、快復後には性行為をすることも可能です。
手術をした翌日からはシャワーを浴びることも出来ますし、スポーツや性行為に関しては、個人差もありますが術後の過程も含めて、一月ほどは様子をみておくと良いでしょう。
術後一月ほど経過することで、ほとんどの方が通常の生活を送ることが出来るようになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ