背面切開(バックカット)

背面切開(バックカット)の特徴と向いている人

背面切開(バックカット)の特徴と向いている人

包茎手術には幾つもの手術があります。
ここでは、背面切開法と呼ばれる手術の特徴などについて書いていきましょう。
背面切開法と言うのは、そもそも新生児などに小さなお子さんに行うことが一般的な包茎手術方法だと言えます。
包皮の先端部分にあたる包皮口を、縦に切開することによって、包皮が剥けやすくなると言った効果を目的としている手術方法になります。
新生児や幼児などの場合には、背面切開法によって包皮口が広がっていることによって、陰茎が成長していくことに伴って、自然と包皮が捲れやすくなっていきます。
広義の意味での割礼であると言っても良い包茎手術の1つです。
背面切開法が剥いていると言った方はカントン包茎の方だと言えます。
しかし、背面切開法は包茎を改善すると言ったような手術ではなく、カントン包茎を仮性包茎へと改善する手術と考えておくと良いでしょう。
根本的に包茎を改善する為の手術ではないと言うことは、しっかりと頭に入れておいて下さい。
当然のことですが、真性包茎の方にとっては行う意味のない手術方法になりますし、仮性包茎の方にとっても手術を施す意味がありません。
背面切開法のメリットとしては、手術がとても簡単であると言うことになります。
また、切開部分も最小限で済みますので、回復も早いといったことになります。
手術後の陰茎としては包皮が垂れ下がったようになりますので、見た目に美しいと言った手術とはなりません。
これらのことを考えると、包茎手術とは言いましても環状切開法を選択するメリットはほとんどないと言えます。

背面切開(バックカット)の特徴と向いている人関連ページ

環状切開法の特徴と向いている人
複合曲線作図法の特徴と向いている人

ホーム RSS購読 サイトマップ