真性包茎

真性包茎の悩み

真性包茎の悩み

真性包茎であることで、どんな悩みがあるのでしょうか?
真性包茎とは、他の包茎と比較しても症状的には重い包茎だと言っても良いでしょう。
真性包茎は、亀頭の先端部分にまで包皮が被さっている状態のことを指しています。
包皮が完全に被さっていますので、子どもの性器を思い浮かべると解りやすいのではないでしょうか。
包皮が完全に被さっている状態で、しかも手で包皮を剥こうとしても激しい痛みを伴ってしまって剥くことが出来ません。
無理に包皮を剥こうとしてしまうことによって、出血することもありますので、決して無理に包皮を剥こうとはしないで下さい。
真性包茎であるからと言って、性交渉が出来ない訳ではありませんが、真性包茎の状態で性交渉をするのは危険が伴ってしまいます。
何故かと言いますと、包皮の中には、汚れや雑菌などが溜まっており、包皮が剥けないことによって、それらの汚れを綺麗に洗うことが出来ないからです。
この為、真性包茎の状態で性交渉をしてしまいますと、パートナーの身体に雑菌などが感染してしまって、炎症を起こさせてしまうこともあるのです。
コンドームを使用することによって、雑菌の感染を防ぐことは出来ますが、基本的には手術をして治しておいた方が良いでしょう。
真性包茎の場合は、病気として認定されていますので、健康保険が適用されて手術を受けることが出来ます。
真性包茎の悩みは、男性にとってはとても大きな悩みだと言っても良いでしょう。
しかし、悩んでいるだけでは改善しませんので、勇気を持って泌尿器科などの専門医にかかるようにして下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ