カントン包茎

カントン包茎の悩み

カントン包茎の悩み

カントン包茎とは、どんな悩みがあるのでしょうか。
基本的な情報から確認していきましょう。
カントン包茎とは包皮を剥くことによって、亀頭を露出することが出来ます。
そうした意味では、仮性包茎の1つと見なしても良いでしょう。
しかし、カントン包茎と診断されるケースでは、包皮口と呼ばれる包皮の先端のサイズが極端に小さくなっているのです。
包皮口のサイズいかんによっては、亀頭を露出するまで剥くことが出来ないケースもあり、仮に亀頭を露出させることが出来たとしても、包皮口が狭いことによって亀頭のくびれにひっかかってしまって包皮を戻せなくなるケースが一般的です。
包皮を戻せないままでいることで、亀頭の根本が締め付けられてしまうことになり、包皮が腫れ上がってしまったり、最悪のケースでは亀頭が鬱血してしまうことで、壊死してしまうこともあるのです。
つまり、カントン包茎の場合は、無理に矯正しようとして包皮を剥いてしまうことは、非常に危険であると言っても良いでしょう。
カントン包茎で、包皮が剥けてしまったと言った時には、亀頭を壊死させてしまわない為にも、早急に泌尿器科などの専門医にかかるようにして下さい。
カントン包茎にありがちな悩みとしては、強引に包皮を剥いてしまうことで、包皮が戻らなくなってしまうと言ったケースです。
包皮に締め付けられることによって、亀頭部分の血液の流れが悪くなってしまって壊死しまうと、再生することはほぼ不可能であると言っても良いでしょう。
また、包皮の開口部が狭い為に、性行為を行った時に包皮が切れやすくなってしまいます。
包皮が切れることによって、雑菌などに感染しやすくなって性病や感染症などを起こして可能性が高くなります


ホーム RSS購読 サイトマップ